三枝国際特許事務所|知的財産法実務解説 特許 実用新案 意匠 商標 著作権 その他
商標権の利用のしかた

企業における商標権の有効利用

商標権を取得した後の権利の維持およびその活用は大変重要です。特に、関連子会社に商標を使用させる場合、ライセンス交渉に基づいてライセンシーに自社製品を製造委託させる場合、フランチャイズチェーン店を展開させる場合などのように商標権を利用させるケースが増加しています。時間やお金・労力をかけて権利化した商標権を是非とも有効に活用していただけるよう「商標権の利用のしかた」を法律的な側面から契約書作成実務を含めてご紹介します。

本章では説明を簡略化するために主に商品商標にかかる商標権の利用のしかたを解説しています。
サービスマークについても考え方は同じです。

1.譲渡

1)商標権の移転
2)商標権の譲渡 
3)譲渡契約書作成にあたって注意すべき点 
4)商標権移転登録申請 
5)混同防止表示請求 
6)出所の混同が生じた場合の商標登録取消審判 

2.使用許諾

1)許諾内容の特定 
2)使用許諾により商標権者が受ける法律上の利益 
3)使用許諾契約書作成にあたって注意すべき点 
4)登録商標と使用商標との同一性 
5)使用権者の不正使用による登録商標取消審判 

3.担保 

1)質権
2)譲渡担保



戻る次へ

HOME >> 総合目次

商標の実務解説・総合目次
商標の意義
商標権を取得するための条件
商標権を維持する手段
商標権の利用のしかた
商標権の保全
新しいブランド戦略
海外での権利取得

ホームへ
Copyright © SAEGUSA & Partners. All Rights Reserved. Disclaimer 特許業務法人 三枝国際特許事務所