事務所案内

三枝国際特許事務所は、1946年(昭和21年)に弁理士三枝八郎(1908-75年)によって創設され、長い歴史を経て今日に至っております。交通至便の地である大阪の北浜に事務所を設け、国内はもとより海外における、特許、実用新案、意匠、商標等、広く知的財産権全般に関する最新の知識と長年の経験に基づいたサービスを提供することにより、多数のクライアントから信頼を得て参りました。

2005年(平成17年)に東京オフィスを開設し、2008年4月1日より、事務所を法人化し、「特許業務法人三枝国際特許事務所」として経営基盤を強化しました。2016年に創立70周年を迎えました。

経験豊富な8名のパートナー弁理士を主軸とし、新進気鋭の若手弁理士及び技術系・事務系スタッフを含む総勢120余名は、業務において「顧客のために最善を尽くす」を座右の銘として、個々の仕事を正確、迅速且つ誠実に処理すると共に、最先端の情報ネットワークを駆使して、質の高い安定したサービスを提供しております。

私ども特許業務法人三枝国際特許事務所は、最新の創作された技術、斬新なアイデアや商標を知的財産権制度全体の中でいかに保護し活用していくかを常にクライアントの立場に立って考えて参ります。そして、知的財産権制度の趣旨と実務を勘案した積極的な提言をさせていただきます。

また、大阪オフィス・東京オフィス双方にPolycom社のテレビ会議システム・電話会議システムを導入しておりますので、国内外を問わず、セキュリティ的に安全な会議や打ち合わせを行うことが可能となっております。

tnk_img

取扱業務

特許・実用新案

有機化学、無機化学、金属材料、バイオテクノロジー、医薬品、食品、化粧品、各種産業機械、建築・土木、電気・電子、半導体、通信、コンピュータ-、情報処理、デジタル信号処理、インターネット関連技術、ソフトウェア分野等、あらゆる技術分野に精通しております。

商標、意匠、著作権

国内外の商標・意匠登録出願から、商標・意匠の権利譲渡、ライセンス交渉、契約書作成等の業務並びに特定不正競争行為、著作権等の関連業務まで多くの経験を有しております。

法務相談

特許等の国内外の出願、権利化に伴う法的なご相談や国内外における権利のライセンス契約や有効利用など、クライアントへの法的サービスも提供しております。

海外ネットワーク

海外100カ国以上の弁理士、弁護士と業務提携関係にあり、日本及び海外における知的財産権に関して、出願から権利取得及び権利の利用や紛争の解決に努めております。海外の提携事務所数は延べ400になり、主要国(米国、欧州、中国は各30以上の事務所、インドは5以上の事務所)をはじめ、東アジア、中央アジア、中近東の特許、商標の状況について常に情報を収集し、クライアントに発信しております。

人材育成

優秀な人材の採用、育成に努めております。所内外での法律、語学研修や海外弁理士・弁護士によるセミナー、海外留学制度(特許事務所での研修、米国特許弁護士資格の取得、語学修学、海外特許情報の収集、海外連携ネットワークの拡大)などへの参加を奨励しております。