沿革

三枝国際特許事務所は、弁理士三枝八郎(1908-75)によって1946年(昭和21年)に創設され、1975年に弁理士三枝英二が後を継いで所長になり、2015年には弁理士林雅仁が代表弁理士所長に、三枝英二は代表弁理士相談役に就任しました。歴代所長は化学系弁理士であり、特許に関しては化学を最も得意な分野とし、化学関連企業の代理人として、数多くの特許出願及び特許事件を手掛けてきました。

更に、特許業務法人三枝国際特許事務所となった現在では、有機・無機化学、バイオテクノロジー、医薬、食品、化粧品、そして機械、電気・電子の技術分野、更には意匠、商標、知的財産権法務のすべての分野に専門の弁理士を擁しております。また、海外100カ国以上の弁理士、弁護士と業務提携関係にあり、日本企業の海外における出願、権利取得及び権利の利用や紛争への対応に精通した国際的な特許事務所となっています。

このような総合的かつ国際的な特許事務所となるに至った足取りは次のとおりです。

1946年(昭和21年)三枝八郎(1908-75年)が三枝国際特許事務所を創設
1973年(昭和48年)三枝八郎弁理士、弁理士会の副会長を務める
1974年(昭和49年)三枝英二弁理士が渡米、米国特許制度を学ぶ
1975年(昭和50年)三枝英二弁理士、所長就任
1990年(平成2年)中川博司弁理士が、諸外国のサービスマーク登録制度の調査のため、弁理士会よりアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スイス特許庁に派遣される
1993年(平成5年)中川博司弁理士が、スイスWIPOでの商標法条約外交会議に出席
1996年(平成8年)
  • 事務所創設50周年記念として、東京の成文堂より「発明を生かす特許を生かす」及び「世界の商標法」を出版
  • 三枝英二弁理士、黄綬褒章を受章
2000年(平成12年)岩井智子弁理士が、2002年まで北京大学にて語学研修及び法学院進修、同時に中国国際貿易促進委員会専利商標事務所(CCPIT)及び中科専利商標代理有限公司にて実務研修
2004年(平成16年)
  • 三枝英二弁理士が弁理士会の近畿支部長を務める
  • 林雅仁弁理士が、2006年まで京都大学発明評価委員会委員を務める
2005年(平成17年)東京オフィス開設
2006年(平成18年)事務所創設60周年記念として、経済産業調査会より「必読!特許実務ガイド ~発明の誕生から特許の活用まで~」及び「特許発明の技術的範囲 ~化学特許発明を中心として~」を出版
2007年(平成19年)
2008年(平成20年)
  • 4月1日に法人化し、「特許業務法人 三枝国際特許事務所」として経営基盤を強化
2009年(平成21年)
  • 北野善基弁理士が2010年まで米国特許法律事務所Wenderoth Lind & Ponack L.L.P.及びLeydig, Voit & Mayer, LTD.にて実務研修
  • 北野善基弁理士が米国パテントエージェント試験合格
2010年(平成22年)
  • 森嶋正樹弁理士が2011年まで欧州特許事務所VOSSIUS & Partner(ドイツ ミュンヘン)にて実務研修
2011年(平成23年)
  • 菱田高弘弁理士を中国鄭州での日中知的財産セミナーに派遣
2012年(平成24年)
  • 業務拡大により、東京オフィスを移転
  • 菱田高弘弁理士を中国北京での日中知的財産セミナーに派遣
2013年(平成25年)中野睦子弁理士、菱田高弘弁理士及び新田研太弁理士を企業海外知的財産権保護実務検討会に参加及び講演を行うため、中国北京へ派遣
2014年(平成26年)
  • 淀谷弁理士が2015年まで米国特許法律事務所Sughrue Mion, PLLCにて実務研修
  • 菱田高弘弁理士を中国北京での日中知的財産セミナー(日本国際貿易促進協会中国特許協力会・中華全国専利代理人協会主催)に訪中団秘書長として派遣
2015年(平成27年)三枝英二弁理士が相談役に就任、林雅仁弁理士が所長に就任
2016年(平成28年)創立70周年を迎える
2017年(平成29年)
  • 菱田高弘弁理士を中国広州での第22回日中知的財産セミナー(日本国際貿易促進協会中国特許協力会・広州三環専利代理有限公司・広州嘉権専利商標事務所有限公司主催)に訪中団秘書長及び講師として派遣