執筆情報

最新の書籍

中国商標に関する商品及び役務の類似基準(日本語・英語訳付)及びその解説 国際分類第11版対応 NEW

ISBN  978‐4‐8271‐1296‐2  
発行  2017年9月 発明推進協会
岩井智子 李菲菲 編
https://www.hanketsu.jiii.or.jp/store/top_f.jsp

巨大な市場としての中国において商標権を得るには、類似の範囲を知っておく必要があります。第1編は、商標局編の「区分表」に日・英訳を付した対照式にしたもの。第2編は「区分表」に未掲載の商品及び役務で許容されたもの。第3編では、類否が重要となった14の判決について紹介しています。中国での商標権取得・行使を確実なものとするため、出願書類の記載に必須なものとして、おすすめの一冊です。

世界の商標ハンドブックNEW

ISBN  978‐4‐8271‐1285‐6 
発行  2017年5月 発明推進協会
特許業務法人三枝国際特許事務所商標・意匠部 編
https://book.kanpo.net/category/select/pid/37488/

商品やサービスの流通は年々盛んになっています。商標制度に対する期待も高まっていますが、その運用は国や地域等により少しずつ違っているのが課題といえます。日本においてもマドリッド協定議定書(通称「マドプロ」)に加入し、その加盟国の増加に伴い、制度の使い勝手がより高まっており、さらに平成27年4月から新しい商標の運用が始まっているため、ますます商標制度に期待する傾向が増大すると考えられます。そこで、商標権を有効に活用するためには、当該国の新しい商標について採用の有無や加盟している条約などを調査することは不可欠です。本書は、99の国又は地域などの情報を一か所に纏めたハンドブックで、世界規模での商標制度を活用するための足がかりとなる一冊です。 

新・注解 商標法

ISBN 978-4-417-01697-7
2016年10月15日 A5版 (青林書院)
中川博司による執筆項目があります

http://www.seirin.co.jp/

書籍一覧へ

最新の特許関連論説

国内外における特許の早期権利化手段とその留意点NEW

LES JAPN NEWS Vol.58 No.2 掲載(日本ライセンス協会)
担当:林雅仁弁理士

外国出願を見据えたプロダクト・バイ・プロセスクレーム(Product-by-Process Claim)の活用NEW

LES JAPN NEWS Vol.58 No.2 掲載(日本ライセンス協会)
担当:八木祥次弁理士

2016年度海外研修F7コース報告 -ASEANの知的財産事情の研修-NEW

知財管理 Vol.67 No.6 掲載( 一般社団法人日本知的財産協会)
担当:八木祥次弁理士

特許関連論説一覧へ

最新の商標・意匠・著作権関連論説

インドネシア共和国の商標制度

「魏啓学先生古稀記念論文」(発明推進協会出版)
担当:中川博司弁理士

巻頭言「文科系弁理士の商標業務について」

「弁理士受験新報」(2012年4月号)掲載(法学書院発行)
担当:中川博司弁理士

記事「巧妙な模倣の回避は至難の業」

「SMBC経営懇話会MiT」(2010年12月号)掲載(三井住友銀行グループSMBCコンサルティング発行)
担当:中川博司弁理士

商標・意匠・著作権関連論説一覧へ