中野 睦子Mutsuko NAKANO

シニアパートナー

大阪オフィス所属

 

経歴
  九州大学薬学部薬学科卒業
  九州大学大学院薬学部修士課程修了
  製薬メーカー研究所にて勤務
1996年 三枝国際特許事務所 入所
1996年 弁理士登録
2005年 弁理士付記登録(特定侵害訴訟代理権取得)
2007年~ 島根大学客員教授
2009年~ 日本知的財産仲裁センター 関西支部運営委員
2016年 日本知的財産仲裁センター 関西支部運営委員長
2016年~ 国立大学法人東北大学大学院医学系研究科分子病態治療学分野 非常勤講師
2017年 日本知的財産仲裁センター 関西支部 支部長

 

所属

日本弁理士会

専門分野

バイオ、薬学、食品、化学

受賞
 2020年 一般社団法人日本知的財産協会2020年度研修功労者として表彰
著作
2013年 「改訂2版 植物新品種保護の実務 -権利の取得と侵害-」共著 (経済産業調査会)
2009年 「化学特許発明と侵害」共著 (経済産業調査会)
2004年 「植物新品種保護の実務」共著 (経済産業調査会)
1999年 「124人の弁理士が答える 特許・実用新案・意匠・商標Q&A」共著 (日刊工業新聞社)
論文
2011年 「進歩性判断における阻害要因と証明責任 -テアニン含有組成物事件-」 (知財管理2011年2月号)
2010年 「プロダクト・バイ・プロセス・クレームの権利解釈 -プラバスタチンNa事件-」 (知財ぷりずむ2010年7月号)
2009年 「冒認出願に係る事実の主張立証責任および主張立証の程度」 (知財ぷりずむ2009年8月号)
2008年 「特許出願のポイント 明細書の記載要件とそれを満たすための実験データ」
(COSMETIC STAGE 2008年10月号/株式会社技術情報協会)
  「-結晶性アジスロマイシン2水和物事件- 特許法29条1項3号の「刊行物に記載された発明」とは」
 (知財ぷりずむ 2008年9月号)
2007年 「-シワ形成抑制剤事件- 化粧品分野における用途発明の成立性」 (知財ぷりずむ 2007年3月号)
2006年 「-発明要旨の認定におけるクレーム用語の解釈- 審決取消訴訟と侵害訴訟の2つの事件から」
 (知財ぷりずむ 2006年6月号)
執筆
2021年 五感で感じるおいしさを数値化」(食品新聞2021年9月7日掲載)
2019年 ビジネスに生かす権利化が加速」(食品新聞 2019年12月2日掲載)
  特許権の海外出願動向」(食品新聞 2019年12月2日掲載)
  官能評価の優位性と注意点」(食品新聞 2019年4月22日掲載)
2018年 美味しさの特許戦略―官能評価の留意点とその活用」(健康産業新聞2018年11月21日掲載)
  戦略的特許出願広がる」(食品新聞 2018年4月20日掲載)
2017年 用途発明 周知のものへ」(食品新聞 2017年11月29日掲載)
  食品業界の知財戦略    海外進出を見据えた知財戦略」(健康産業新聞 2017年11月14日掲載)
  知的財産を守る動き活発化」(食品新聞 2017年4月21日掲載)
2016年 ヘルスクレームめぐる争い」(健康産業新聞 2016年11月16日掲載)

 

講演録
2020年

「事例にみる官能評価(味・香・テクスチャー)を活用した特許戦略と明細書作成のポイント 」 Tech Design主催

2019年

「進歩性と顕著な効果 ~初の最高裁判決は実務を変えるか~」 岩坪総合法律事務所 弊所共催セミナー
「事例にみる官能評価(味・香・テクスチャー)を活用した特許戦略と明細書作成のポイント 」 Tech Design主催

2018年

「特許発明の技術的範囲について(化学)」 日本知的財産協会主催
「美味しさの特許戦略~官能評価(味・香り・テクスチャー)の留意点とその活用」 食品開発展2018主催
「用途特許の効力から学ぶ知財戦略と注意点」 健康博覧会2018主催

2017年 「食品分野における特許の現状と差別化戦略」 食品新聞社主催
「食品業界にとっての知財戦略とは」 食品開発展2017主催
「機能性表示食品ビジネス、攻めの特許戦略~特許戦略が市場の動向を決める~」  健康博覧会2017主催
2016年 「特許発明の技術的範囲について(化学)」 日本知的財産協会主催
2011年 「機能性食品の特許化とその成功事例について」 ひろしま産業振興機構、鳥取県産業振興機構、しまね産業振興財団、やまぐち産業振興財団、フードテクノひろしま主催
  「化学特許発明と侵害-化学特許発明の技術的範囲の解釈と固有の争点-」 日本食品・バイオ知的財産センター主催
2010年 「特許発明の技術的範囲解釈の基本」
(弊所主催特許セミナー「化学特許発明の技術的範囲の解釈と固有の争点」)
2009年~
2010年
「判決例からみた技術的範囲解釈上の問題点(化学関係の判決を中心にして)・その2」(D6関西) 日本知的財産協会2009年度研修
2008年 「医薬品,化粧品,食品分野における用途発明を中心とした特許明細書の書き方・読み方」 情報機構主催