淀谷 幸平Kohei YODOYA

経歴
2002年 京都大学農学部応用生命科学科卒業
2004年 京都大学大学院生命科学研究科統合生命科学専攻修士課程修了
2004年~2007年 製薬メーカーにて勤務
2007年 三枝国際特許事務所 入所
2010年 弁理士登録
2013年 弁理士付記登録(特定侵害訴訟代理権取得)
2014~2015年 米国特許法律事務所 Sughrue Mion, PLLC にて実務研修
2015年 米国 パテントエージェント試験合格
所属

日本弁理士会

専門分野

バイオ、食品、薬学、化学、医薬、製剤、高分子化学、材料、日用品

委員会活動
2011年 日本弁理士会 特許委員会
論文
2016年 英文記事「Japanese Supreme Court Decision on Patent Term Extension Application」
Mitteilungen der deutschen Patentanwälte:2016年4月号(ドイツ弁理士会・機関誌))
2012年 「事例研究:シフト補正の禁止」共著(パテント 2012. Vol. 65 No. 3)
2011年 「中国専利法における遺伝資源保護に関する規定について」共著 (パテント2011. Vol. 64 No. 6)
執筆
2014年 「バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発」共著(第10章第2節「特許出願書類作成における留意点」(技術情報協会))
講演録
2016年 「効率的な米国特許取得のために」関西特許研究会主催
2015年 「米国特許侵害訴訟を見据えた効率的な審査のための留意点」(弊所主催 特許セミナー「知財訴訟およびそれを見据えた留意点-中国・日本・米国-」)
2011年~ 「(発明者を対象とした)本質を考えた発明説明書の書き方演習(化学系)」 知的財産協会主催 G3コース