【米国】2017年の特許取得件数

2018年03月NEW

米国の民間調査会社のIFI社(IFI CLAIMS Patent Services)は、2017年の米国特許取得件数上位50社を発表しました。2017年に米国特許商標庁に登録された特許件数は、前年比5.2%増の320,003件でした。

1位~10位までは、次の通りです。IBM(米国:9,043件)、サムスン電子(韓国:5,837件)、キャノン(日本:3,285件)、インテル(米国:3,023件)、LG電子(韓国:2,701件)、クアルコム(米国:2,628件)、グーグル(米国:2,457件)、マイクロソフト(米国:2,441件)、TSMC(台湾:2,425件)、サムスンディスプレイ(韓国:2,273件)。このうち、1位(IBM)~3位(キャノン)の順位は、2016年と同じです。

1位~10位までには、米国企業が5社、韓国企業が3社、日本企業が1社、台湾企業が1社入りました。なお、日本企業は、11位~30位に8社が入っています。IBMの特許件数は、前年比12%増で過去最高を更新するとともに、25年連続で1位でした。

国別の特許付与件数の1位~5位は、次の通りです。米国(148,139件、46.29%)、日本(50,600件、15.81%)、韓国(20,970件、6.55%)、ドイツ(15,771件、4.93%)、中国(11,240件、3.51%)。このうち、中国の特許付与件数は急増しており、前年比28%増でした。

コンピュータ、電気通信、医療産業分野が、引き続き多くの特許を取得しました。また、急成長を遂げた新技術には、電子たばこ、3D印刷、及び自動運転車が含まれています。