【ブラジル】PPH申請対象となる技術分野の拡大 (全分野が対象に) 2019年12月1日より

2020年01月NEW

従来、ブラジル産業財産庁 (INPI) が受け付けるPPH申請の対象となる出願の技術分野は、IT分野及び自動車関連技術を中心とした機械分野に限られていましたが、2019年4月1日から、新たに化学・バイオ分野の一部も申請対象になりました。 今般、INPI は、決議No.252/19を公布し、PPH申請対象の技術分野制限を撤廃し、2019年12月1日より、全技術分野をPPH申請の対象とする旨公表しました。
詳しくは、日本国特許庁(JPO)の下記ウエブをご参照下さい。

https://www.jpo.go.jp/system/patent/shinsa/soki/pph/japan_brazil_highway.html

但し、INPI が受け付けるPPH申請の件数は、年間400件までであり (先着順)、
1出願人あたり1ヶ月に1件の制限があります。試行期間は、2019年12月1日から2年間とされています。
その他、PPH審査対象となる特許出願は、例えば、下記の条件を満たす必要があります。

・出願日から18ヶ月以上経過している、早期公開の請求がなされている、又はWIPOにより国際公開されていること
・出願審査請求料を納付済みであること
・他の優先審査の適用を受けていないこと
・最先の基礎出願が、INPI又はINPIとPPHを締結している特許庁、例えば、JPOに出願された特許出願、又はJPOが受理官庁である国際特許出願であるパテントファミリーに属すること
・第一庁、例えばJPOにより特許査定を受けた出願のパテントファミリーに属すること