【WIPO】2020年のPCT国際出願件数を発表-過去最高を記録

2021年06月

世界知的所有権機関(WIPO)の発表によりますと、2020年のPCT国際出願件数は、2019年比で4%増の約275,900件(暫定値。以下同様。)となり、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中にありながらも、過去最高を記録しました。

2020年における上位10ヶ国の出願件数、全世界の出願件数に対するシェア及び
2019年比は、以下の通りです。

 国名出願件数全世界の出願件数に対するシェア2018年比
1中国68,72024.9%+16.1%
2米国59,23021.5%+3.0%
3日本50,52018.3%4.1%
4韓国20,0607.3%+5.2%
5ドイツ18,6436.8%-3.7%
6フランス7,9042.9%-0.03%
7英国5,9122.1%+2.4%
8スイス4,8831.8%+5.5%
9スウェーデン4,3561.6%+3.7%
10オランダ4,0351.5%-0.5%

アジアからの出願件数が全体の53.7%を占めており、10年前の35.7%から飛躍的に増加しています。

出願人別にみてみますと、中国のファーウェイ社(5,464 件)が4年連続トップとなり、出願上位10 社のうち、日本の企業3社、中国の企業3 社、韓国の企業2 社、⽶国、スウェーデンから各1 社となり、アジアの堅調さがみてとれます。

公開されたPCT国際出願の技術分野別の出願件数の1~5位及びその占有率は、コンピュータ技術(24,332件、9.2%)、デジタル通信(22,068件、8.3%)、 医療技術(17,493、6.6%)、 電気機械(17,363件、6.6%)、 測量(12,698件、4.8%)でした。

詳しい資料につきましては、以下のWIPOのウェブサイトから入手いただけます。
https://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2021/article_0002.html