【ブラジル】ブラジルとの特許審査ハイウェイ(PPH)-化学・バイオ分野の一部を対象に追加、試行期間は2年間延長

2019年04月NEW

日本国特許庁(JPO)は、2017年4月1日からブラジル産業財産庁(INPI)との間でPPH試行プログラムを実施しています。
しかし、INPIが受け付けるPPH申請の対象は、これまで、IT分野及び自動車関連技術を中心とした機械分野に限られており、化学分野などへの拡大が望まれていました。
このニーズに応え、JPOとINPIは、2019年4月1日から、下記の分野をPPH申請の対象として追加することに合意しました。

1.2019年4月1日以降、新たにINPIにおいてPPHの対象となる技術分野
高分子化学、冶金、材料、農芸化学、微生物、酵素など
尚、JPOが受け付けるPPH申請には技術分野の制限はありません。

2.PPH試行期間
2019年4月1日より2年間又は両庁それぞれが200件の申請を受け付けるまで。

3.その他の制限
INPIが受け付けるPPH申請可能件数は、2019年4月1日より、一出願人あたり1か月に1件までとなります(これまでは一出願人あたり4か月に6件でした)。試行期間最後の1か月(2021年3月)はそのような制限はありません。

詳しくは、下記URLからJPOのウェブをご参照下さい。
https://www.jpo.go.jp/system/patent/shinsa/soki/pph/japan_brazil_highway.html