【米国】米国特許商標局(USPTO)、手数料値上げ

2020年10月NEW

USPTOは、8月3日付けFederal Register (官報) にて、2020年10月2日以降の手続きに適用される手数料を公表しました。
新手数料は下記URLからご覧いただけます。
https://www.ondatechno.com/jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/08/Table-of-Patent-Fee-Adjustments-FY2020-Final-Rule-1.pdf

多くの手数料が約5-10%程度値上げされますが、大企業の維持年金追納手数料 (6ヶ月のグレースピリオド内) は、$160から$500へと大幅な値上げとなります。USPTOは、これを期限内の支払いを奨励するためとしています。

また、2022年1月1日以降、DOCX以外のフォーマットで提出された出願に対しては、(大企業の場合)追加手数料$400が発生します。

Federal Registerの全文については下記URLをご参照下さい。
https://www.federalregister.gov/documents/2020/08/03/2020-16559/setting-and-adjusting-patent-fees-during-fiscal-year-2020

Summary of FY 2020 Final Patent Fee Ruleについては下記URLをご参照下さい。
https://www.uspto.gov/about-us/performance-and-planning/summary-fy-2020-final-patent-fee-rule