【インドネシア】特許審査ハイウェイ(PPH)試行プログラム-2026年まで延長

2024年01月NEW

日本国特許庁(JPO)は同庁のウェブサイトにて、インドネシア知的財産総局(DGIP)とのPPH試行プログラムを、2024年1月1日から3年間延長したことを公表しました。新しい試行期間は2026年12月31日に終了する予定ですが、必要に応じて延長されます。
また、2024年1月より、DGIPが受け付けるPPH申請の時期的要件が緩和されました。従来は、出願公開後6月の異議申立て期間経過後にPPH申請が可能でしたが、今般、この時期的要件が撤廃されました。

尚、弊所知財トピックス2019年8月掲載分でお知らせさせていただいた通り、2019年5月より、DGIPへのPPH申請については、追加の手数料が必要となりました。
https://www.saegusa-pat.co.jp/topics/6972/

また、弊所知財トピックス2021年8月掲載分の通り、2021年1月より、本プログラムにおいて、PPH-MOTTAINAIが利用可能となりました。ただし、第1庁がJPO又はDGIPの場合に限ります。
https://www.saegusa-pat.co.jp/topics/10031/

手続の詳細等につきましてはJPOの以下URLをご参照ください。
https://www.jpo.go.jp/system/patent/shinsa/soki/pph/japan_indonesia_highway.html