【米国】2019年の特許取得件数-上位50社発表

2020年04月

米国の特許専門調査会社であるIFI CLAIMSパテントサービスが、2019年の米国特許取得件数上位50社を発表しました。
1位は、27年連続でIBMでした。上位1位~3位は昨年と同様の結果となりました。

1.企業別ランキング 1位~10位までは、以下の通りです。 

順位

会社名 (国名)

2019年件数

2018年件数

前年比(%)

前年順位

1

IBM (米国)

9,262

9,100

+2

1

2

サムスン電子 (韓国)

6,469

5,850

+11

2

3

キャノン (日本)

3,548

3,056

+16

3

4

マイクロソフト (米国)

3,081

2,353

+31

7

5

インテル (米国)

3,020

2,735

+10

4

6

LG 電子 (韓国)

2,805

2,474

+14

5

7

アップル (米国)

2,490

2,160

+15

9

8

フォード (米国)

2,468

2,123

+16

10

9

アマゾン (米国)

2,427

2,035

+19

12

10

ファーウェイ (中国)

2,418

1,680

+44

16

2019年に米国特許商標庁 (USPTO) が発行した特許件数は、前年比15%増の333,530件となり、過去最高を記録しました。

出願公開件数は前年比5%増であったところ、特許発行件数がこれほど増加した要因の一つに、「米国特許法第101条(特許適格性)の判断に関する審査ガイダンス」の公表が挙げられています。審査ガイダンスの公表により、特許適格性の判断基準が幾分明確になったことで、101条による拒絶件数が、特にコンピュータ関連の出願において、大幅に減少したようです。

2.国別ランキングは以下の通りです。 

順位

国名

2019件数

2018件数

前年比(%)

米国

165,556

142,778

+15.95

日本

54,416

48,260

+12.76

韓国

22,135

20,216

+9.49

中国

16,900

12,599

+34.14

ドイツ

16,842

14,757

+14.13

台湾

10,742

10,056

+6.82

フランス

6,452

5,772

+11.78

英国

5,298

4,631

+14.40

カナダ

4,651

3,954

+17.63

地域別成長率では、北米が前年比15.31%増、アジアは13.15%増であった一方で、欧州は0.70%減となりました。
尚、日本企業は、上位20位までに3社がランクインしています。

ランキングの詳細は下記URLからご覧いただけます。
(下記URLに移動しない場合、URLをコピーしてご使用下さい。)
https://www.ificlaims.com/rankings-top-50-2019.htm