【シンガポール】世界最速の特許早期審査制度(SG Patent FastTrack)の試行を開始

2020年09月NEW

シンガポール知的財産庁(IPOS)は2020年5 月4 日から、技術分野による制限のない、世界最速の特許早期審査制度(SG Patent FastTrack)の試行を開始しました。SG Patent FastTrackの利用により、早ければ申請からわずか6ヶ月で特許査定が可能となります。
SG Patent FastTrackの試行開始に伴い、フィンテック関連の特許早期審査制度である「フィンテック・ファストトラック(FTFT)イニシアチブ」及び人工知能(AI)関連の特許早期審査制度である「AI早期審査イニシアチブ(AI)」はそれぞれ2020年4月25日と2020年5月3日に終了しました。

SG Patent Fast Trackパイロット・プログラムの申請要件等は以下の通りです。
・シンガポールでの出願が第一国出願であること(全ての技術分野が対象です)
・クレーム数が20 以下であること
・月ごとの受付件数の枠内であること (先着順で5 件。申請数が5 件未満である場合は翌月に繰り越し。但し、繰り越した合計の上限は月10件)
・各出願人当たり年間10 件以内であること

試行期間は、2022 年4 月29 日までの予定であり、IPOSの手数料は無料です。

詳細は、IPOSのウエブをご参照下さい。
https://www.ipos.gov.sg/docs/default-source/resources-library/patents/circulars/(2020)-circular-no-2-launch-of-sg-patent-fast-track-programme-on-4-may-2020-(final).pdf