意匠権を取得するには・・・・

2.意匠出願の手続

3)物品名の特定

意匠は、物品と一体不可分な関係にあるため、いかなる物品の意匠なのかを特定しなければなりません。
なお、願書に複数の物品名を記載することは認められていません。

(1)意匠に係る物品とは?

意匠に係る物品とは、出願する意匠が、いかなる物品の意匠なのかを特定するものです。意匠に係る物品は、図面等に記載された意匠の形態とともに、意匠権の効力が及ぶ範囲を決めるものです。意匠法施行規則に具体例が挙げられています。

(2)意匠法上の物品とは?

  ① 有体物であること 
  ②動産であること
  ③ ある程度量産できること
  ④ 取引の対象になること
  ⑤定型性があることが必要です。

無題



意匠法施行規則第7条別表第1

意匠法施行規則  第7条別表第1

    (一般社団法人発明推進協会発行の「工業所有権(産業財産権)法令集」より)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10