意匠の登録要件

4.他人よりも早く出願した意匠であること

同一または類似の意匠について、複数の出願があった場合、原則として、先に出願された意匠のみが意匠権として登録されます。(先願主義)意匠権の独占排他性を確保し、存続期間の実質的延長を防止するため、重複登録を排除する必要があるからです。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8