商標権を維持する手段

商標権の維持のしかた

商標権は育てる権利だと言われます。商標の正当な使用を長年にわたり継続されることで、登録商標に業務上の信用が蓄積され、価値の高い権利に育てることが可能です。
ただ、権利には存続期間がありますので、権利を維持し続けるには一定の期間内に更新手続をとられることが必要です。使用していないストック商標については、他人から不使用による取消審判が請求されることもあります。
このように、商標権取得後に、実務の上で起こるであろう問題を本章ではできる限りピックアップして解説します。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7