商標の意義

商標権取得の必要性

日常生活の中で、私たちが食品・衣服・薬・化粧品などの商品を購入するときや、銀行・保険・レストランなどのサービスの提供を受けるときに、「商標」が目印になります。また「商標」は、商品やサービスを私たち消費者に売りこむ企業にとっても、商品・サービスや企業イメージの向上を図り、自社の商品・サービスを他社のものと消費者に区別して購入してもらうための「もの言わぬセールスマン」としての機能をもつ、大変重要なものです。 このように非常に重要である知的財産権の中でも特に「商標」は、消費者動向や企業活動において、特許、実用新案、意匠とは異なる特有の性質をもっているのです。
本章では、まず 「商標とは一体何か?」 「なぜ商標権を取得する必要があるのか?」 といった基本的な点をご説明します。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7