商標の意義

2.商標権取得の重要性と必要性

3)商標権の効力

商標権を取得すればどの程度の保護が受けられるのでしょうか?

syohyo1_2_3_1

1.商標権が発生すると、原則として、登録の日より10年間権利が有効です。更新により何回でも権利延長できますので、更新登録料を納付する更新の手続を失念しない限り、半永久的に商標権を維持することが可能です。

syohyo1_2_3_2

2.権利者のみが登録商標をその指定商品・役務について独占的に使用することができます(専用権)。


商品「文房具」については、ABC社のみが使える。

3.登録商標の使用は日本に限って認められるものです(属地主義)。

※商標権の効力は日本に限られます。海外では原則として各国ごとに商標権を取得することが必要です。海外の商標権については弁理士にご相談ください。

4.商標権は財産です。だから、土地などの不動産と同じように、他人に譲渡することができます。登録商標について使用契約をして使用料を得ることもできます。会社による承継や個人の相続の対象にもなります。



5.登録商標と同一または類似する商標を他人に使用されません(禁止権)。



6.専用権や禁止権の範囲において同一・類似の商標を無断で使用する者には、
  不法行為の差止めや損害賠償などの民事上の責任を問うことができます。

     また、懲役刑や罰金刑などの刑事上の責任も問うことができます。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7