商標権の利用のしかた

2.使用許諾

4)登録商標と使用商標との同一性

登録商標と使用商標とが同一でない場合は、商標権者は使用許諾することができません。それは、商標権者が使用許諾することができる範囲は、登録商標の専用権の範囲に限られているからです。

そこで、登録商標と類似の商標の使用を認めるとき、その使用商標について、商標権の禁止権の不行使について契約を締結する方法が実務の上では考えられます。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13