商標権の利用のしかた

2.使用許諾

1)許諾内容の特定

商標権者が、指定商品または指定役務について、登録商標の使用を他人に認めることをいいます。

使用許諾には、以下の態様があります。  
①専用使用権
②通常使用権
③いわゆる独占的通常使用権(契約の相手方にのみ通常使用権を与え、他には
                与えないことを契約で明らかにした場合)

syohyo4_2_1_1
※特許法等においては、平成23年の法改正により、通常実施権の当然対抗制度が導入されましたが、商標法においては「今後の検討課題」とされるにとどまっています。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13